昭和にタイムスリップするユニフォーム

 

まるで映画セットのようにノスタルジックな空間で、名店の味に舌鼓を打ったり、日本のラーメンの歴史を学んだり、ラーメン作りに挑戦したり。
1994年のオープン以来、国内外から訪れる人々を楽しませ、愛されてきた新横浜ラーメン博物館様のユニフォームを承らせて頂きました。

CASE4 : テーマパーク

Our Story

遊び心のある
レトロ・シック

昭和を知る人には懐かしく、若い世代や海外からのヴィジターには、今や消えつつある時代の日本の雰囲気をワクワクしながら体験出来る場所。

個性あふれる食体験から、駄菓子屋、イベントまで、バラエティ豊かな館内でお客様をナビゲートするスタッフ様の笑顔を引き立て、コンセプトにマッチするユニフォームをとのご要望をいただきました。

納入アイテムのご紹介

Order Made 1 :

ペールトーン・シャツ

ポリエステル70%・綿30%

昭和30年代の高度成長期時代の人々の風景にインスパイアされた、ノスタルジックな雰囲気のユニフォーム。

博物館の夕焼けのライティングをイメージした、ペールトーンのパープル七分袖シャツ。

夏はシャツに黒のサスペンダー(別途購入)を効かせたスタイリングでまとめます。

:特注ポイント:

なだらかな、裾

ヘムラウンドでなだらかな曲線を描いた形状。

柔らかく、上品な印象を与えてくれます。

 

:素材のご紹介:

エコヘリンボーン

夕焼け色のライティングに映える、
ペールトーン・パープル

耐久性に優れたポリエステル70%・綿30%。

ソフトな色合いなのに、防透性も備えた杉綾組織の素材です。

シワになりにくく、吸汗性・速乾性に優れているので、

多忙な日でも快適な着心地をキープできます。

Order Made 2 :

格子柄ジャケット

ポリエステル100%

社員様用のチェック柄ジャケットは、幅広めのノッチド・ラペルに黒を効かせたレトロシック。

ノスタルジックで温かみを感じさせる茶系の格子柄が、どこかホッとさせる親近感を与えます。

レディース用には、少しダボっとしたフォルムでビンテージ感をアップしています。

男女ともに、黒のハンチングやラーメン柄の蝶タイなどの小物を合わせたマニッシュなスタイリングなので、年齢性別関係なく着こなしていただけます。

 

:素材のご紹介:

マルチカラー・ドビー

ポリエステル100%で優れた耐久性。

シワになりにくく、ソフトな色合い。

バルキー感のある素材です。

Men's Jacket / Front

Men's Jacket / Back

Ladies Jacket / Front

Ladies Jacket / Back

:特注ポイント:

Multi Color Dobby

Order Made 3 :

格子柄ベスト

ポリエステル100%

ジャケットとマッチさせたチェック柄がクラシカルな印象を醸し出すベストです。

インカムループとウエスト調整機能が付いています。

 

ベストの素材は、メンズ、レディース共にジャケットと同じマルチカラー・ドビー。

ラーメン柄の蝶タイや、黒いハンチング帽などのアクセサリーともコーデの相性が良く、ノスタルジックなのにモード感も感じるデザインになっています。

 

Men's Vest / Back

Ladies Vest / Back

:素材のご紹介:

 

 

   

Multi Color Dobby

Order Made 4 :

ラーメン柄の蝶タイ

卵や渦巻きナルトなどがプリントされた生地を使った、ラーメン博物館オリジナルの蝶タイ。

昭和風コーデに現代風のアクセントを添えてくれます。

フック式ですので着脱も簡単に。

首回りのサイズをラクに調節できる機能つきです。

コーディネートに使わせていただいたボストン定番商品のご紹介

22303-99 ( Black )

裾上げ楽ラクパンツ

生地名:
ストレッチ・トロピカル
ポリエステル100%

ウエストは一部ゴム仕様で快適な履き心地。

前ウエストはギャザーなしのスッキリ仕様なのでトップスINでも合わせられます。

商品ページを見る:

28320 Series
(99 Black)

サイズ調整機能付き
ハンティング帽

生地名:トロピカル
ポリエステル100%

サイス調整機能の付いたハンチング帽はボストンの定番商品です。
和洋コーデにも合わせやすい万能黒のほか、茶、白、ベージュ、ボルドー、緑、オレンジ、エンジと8色の中からお選び頂けます。

商品ページを見る:

CUSTOMER’S VOICE

今回のオーダーメイドによるユニフォームを納品後、新横浜ラーメン博物館担当者様より貴重なご意見を賜りました。

Q : ユニフォームを導入するにあたり、要望したテーマ、デザイン、必要な機能などお聞かせください。
A : 博物館の顔としてのフォーマル感とアミューズメント施設としてのワクワク感を兼ね備えたデザインを要望させていただきました。
機能としては、伸縮性のある動きやすい生地・袖が汚れないように七分袖でお願いし、インカムループやポケットのペン収納等も付けていただきました。

Q : 実際に弊社と取組を行って、提案・対応などいかがでしたでしょうか?
A : ボストン商会様と共に制服を作り上げていく中で、私たちの想いや要望に応えようとしてくださる姿勢や熱量を非常に感じました。特に、デザインの紹介動画には社長含め、関わった人間全員が感激していました。
制服デザインも新横浜ラーメン博物館に真摯に向き合ってくださったからこそのデザインだと感じました。ボストン商会様にお願いして本当に良かったと思っております。

Q : 実際にユニフォームを着用した着用感はいかがでしょうか?着心地や気に入っているポイントについてお聞かせ下さい。
A : 伸縮性が良く、非常に動きやすいです。また、速乾性があるので汗をかいても気になりません。
レトロでおしゃれなデザインはスタッフ全員に好評です。館内のどこにいてもその場にマッチする点がとても気に入っております。

Q : ユニフォームを着用して、スタッフのモチベーションはいかがでしたでしょうか?
A : ユニフォームを一新したことで、スタッフの表情も明るくなったと感じます。
蝶ネクタイのラーメン柄など、お客様から「かわいいね」と言われることが多く、コミュニケーションのきっかけにもなっています。

Q : ユニフォームにより、御社ブランディングのお役に立てましたでしょうか?
A : 現代と昭和がマッチしたこの制服なら、ラーメン博物館のスタッフだとパッと見て分かってもらえます。
SNSでも制服を着て投稿し、新横浜ラーメン博物館をもっと認知してもらえるよう頑張ります。

Q : 今後、さらにボストン商会への希望、要望等ございますでしょうか?ユニフォーム改善、新規提案、運用面など何でも構いませんのでご意見お願い致します。
A : 季節の変わり目でまた必要なものが増えていくと思いますので、今後もボストン商会様にお願いしたいと考えております。
私自身今回の制服リニューアルで初めて経験することが沢山あり、とても勉強になりました。
この度は、制服リニューアルにご協力いただき誠にありがとうございました。

 

この度は、お忙しい中アンケートにご協力いただきましてありがとうございました。

 

新横浜ラーメン博物館

〒222−0033

神奈川県横浜市港北区新横浜2−14−21

TEL : 045−471−0503

https://www.raumen.co.jp/

ようこそ、ラーメンと夕焼けの街へ

世界初・ラーメンのフードアミューズメントパーク「新横浜ラーメン博物館」、略してラー博。
『全国各地のラーメンを飛行機に乗らずに食べに行ける』をコンセプトに、1994年のオープン以来長く国内外からのゲストに愛されるテーマパークです。

HPは下のQRコードをクリックしてください。

[ 取扱販売店様]

【本社事務所】

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-29-5
ビルックスNo.2 4F

【営業品目】

● ユニフォームの企画、製造、卸、販売

● アパレルウェアの企画、製造、卸、販売(OEM含む)

● 繊維製品の企画、製造、卸、販売

● ギフト・ノベルティ商品の企画、卸、販売

HPは下のQRコードをクリックしてください。

特注ならではのユニフォームを、
ボストン商会は豊富なケースデータとテイラー技術を駆使して実現します。
お気軽にお問い合わせください。